弁護士紹介 Lawyer

所属弁護士について

代表弁護士矢吹 邦太郎Kunitaro Yabuki

(第二東京弁護士会所属)

経歴

  1. 岡山県立倉敷天城高校 卒業
  2. 中央大学法学部法律学科 卒業
  3. 2014年
    司法試験合格、最高裁判所司法研修所 入所
  4. 2015年 – 2018年
    国内企業法務大手のアンダーソン・毛利・友常法律事務所に入所
    M&A関連業務、IT・ベンチャー・フィンテック関連業務、IPO支援を中心に様々な企業に法務サービスを提供。
  5. 2018年 – 2021年5月
    株式会社ギフティの事業開発職として、地方公共団体や金融機関向け新規事業立上げ等に従事。東証マザーズ上場や一部鞍替え上場、所属事業部売上の前年比500%超成長などを経験。
  6. 2021年6月
    ユニヴィス法律事務所の代表パートナーとして、M&Aや資本政策、戦略法務にわたる法務支援業務のほか、完全オンラインの法律顧問サービス「SMILEE」など先端法務経験とスタートアップでの事業経験を生かした様々なサービスを開発、企業に提供している。

著書・論文

  • 著書
    • 「ビジネス法体系 企業取引法」(第一法規 2017年12月)
  • 論文
    • The Energy Regulation and Markets Review – Fifth Edition (Japan Chapter)
    • The Energy Regulation and Markets Review – Sixth Edition (Japan Chapter)

メッセージ

初めまして。

弁護士や法律に対するイメージを変え、真にクライアントの皆様のビジネスを加速させるパートナーとなるべく日々精進しております。

業務に関して申し上げると、僭越ながら、思考の柔軟性とレスポンスの速さには自信があります。
リスクの数ではなく解決策の数を絶えず重視するとともに、生々しいビジネスの現場における皆様の運・縁・勘に基づく経営判断に全力で共感し、サポートさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

弁護士 矢吹邦太郎

弁護士服部 浩司Koji Hattori

(東京弁護士会所属)

経歴

  1. 暁星高校卒業 卒業
  2. 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
  3. 中央大学大学院法務研究科 卒業
  4. 2014年
    最高裁判所司法研修所に入所。
  5. 2015年
    都内法律事務所に入所。企業法務(保険法、独占禁止法)、交通事故、刑事事件などを通じ、交渉業務や訴訟業務を中心に取扱う。
  6. 2019年
    株式会社Legal Innovation Labを設立。日本中に広く、質の高いリーガルサービスを届けたいとの想いから、既存の法律事務所とは異なるアプローチでの社会貢献を志し会社を設立。
  7. 2020年
    ユニヴィス法律事務所に参画。兼ねてより弁護士や法律が閉鎖的であることに疑問を感じていたところ、既存の弁護士の型に囚われずに、より良い法社会を実現しようとする矢吹の思想に共感し、ユニヴィス法律事務所に参画。

メッセージ

初めまして。

私には先が見えず、不確実な世の中において確信していることがあります。それは今までもこれからも、時代を前に進め、社会を良くするのは起業家だということです。
しかし、起業家は、今まで解決されなかった課題を解決するという極めて困難な挑戦を行いながら、適法に会社をマネジメントしなければなりません。

言うまでもなく容易なことではありませんが、そんな困難に挑戦をする起業家が私は大好きです。

法律問題もそうでないことも時に共有しながら、「パートナー」として共に課題を解決し、世の中を良くしましょう。

弁護士 服部浩司

弁護士小堀 信賢Nobumasa Kobori

(東京弁護士会所属)

経歴

  1. 中田無高等学校 卒業
  2. 早稲田大学社会科学部 卒業
  3. – 2014年
    大手資格予備校で教材制作などの業務を行いながら、通関士、行政書士、宅建士の資格を取得
  4. 2014年
    最高裁判所司法研修所に入所。
  5. 2015年
    都内法律事務所に入所。債務整理、交通事件、離婚事件など多様な法律業務を取扱う。
  6. 2018年
    都内で法律事務所を開設。経営者として法律事務所を運営しつつ、大手資格予備校で司法試験予備試験対策講座の講師を担当、多数のテキストを執筆する。
  7. 2021年
    かねてから強い興味を抱いていたスタートアップ支援などの業務を積極的に行うべく、ユニヴィス法律事務所に参画。

メッセージ

プロフィールにお目通しいただき、ありがとうございます。

私は、様々なこと-例えば、法学は当然ながら、株式投資、動植物の生態、テレビゲーム、ネット文化など-に興味を抱くという自分の個性を活かし、クライアントの皆様のビジネスについて、強い興味をもって関与させていただければと考えております。言い換えると、外様的な相談役といったスタンスではなく、ビジネスパートナーとして貴社と関わっていきたいというのが、私の職務上の理念であります。

また、資格予備校の講師としての経験により、ともすると難解で抽象的に感じられがちな法律について、理解が容易な形で解説することに慣れております。そのような解説を通じて、法律を貴社にとってのビジネスツールに変換するお手伝いをさせていただければ幸いです。

弁護士 小堀信賢

弁護士松下 朋弘Tomohiro Matsushita

(第二東京弁護士会所属)

経歴

  1. 埼玉県立不動岡高校 卒業
  2. 上智大学法学部法律学科 卒業
  3. 慶應義塾大学大学院法務研究科 卒業
  4. 2016年
    司法試験合格、最高裁判所司法研修所 入所
  5. 2018年
    再生可能エネルギー事業者の社内弁護士。契約書レビュー、資金調達の支援、ロビイング、行政との折衝を担当。
  6. 2019年
    中国系商社の社内弁護士法務責任者、執行役員社長室長を兼務。法務業務の他、新規事業の立案、中長期経営計画の策定等に従事。
  7. 2020年
    株式会社経営共創基盤に参画。ベンチャー投資にかかる契約書レビュー等に従事。
  8. 2021年
    ユニヴィス法律事務所へ参画。より自由で付加価値のある法務サービスを世に提供するため奮闘する矢吹に共感。

著書・論文

  • 論文
    • 「共有持分権論」慶應法学 2016年12月

メッセージ

法は、人々が作り上げた社会の発達を追いかける形で発展をします。しかし、ひとたびできた法に対して、生身の人間が寄り添い理解することはしばしば困難と痛みを伴います。このギャップの橋渡しが、我々法務パーソンに与えられた仕事であり、そしてしばしば失敗をしてきた営みであると考えております。

法に関わる全てのビジネスパーソンが、法を自在に活用し社会をより良く世界を変えていけるお手伝いができれば幸いです。

弁護士 小堀信賢

弁護士伊藤 麟太郎Rintaro Ito

(東京弁護士会所属)

経歴

  1. 早稲田大学高等学院 卒業
  2. 早稲田大学法学部 卒業
  3. 早稲田大学大学院法務研究科 卒業
  4. 2017年
    司法試験合格、最高裁判所司法研修所 入所
  5. 2018年
    さくら共同法律事務所 入所
  6. 2021年
    ユニヴィス法律事務所 参画

メッセージ

両親及び叔父は創業経営者という環境で、企業の創業から10年以上にわたる成長過程を間近で見て育ちました。

経営に伴う様々な苦難と達成の喜びを目の当たりにして、私が選んだのは、自ら経営者になることでなく、経営者と会社を支え、援け、いざというときには先陣を切って守ることのできる、弁護士という道でした。

父母を支えるのと同じ熱意と距離感で、企業活動の全過程でお手伝いができるよう努めて参ります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

弁護士 伊藤 麟太郎

弁護士山下 大樹Daiki Yamashita

(第一東京弁護士会)

経歴

  1. 福岡県立明善高等学校 卒業
  2. 中央大学法学部法律学科 卒業
  3. 東京大学法科大学院 中退
  4. 2014年
    司法試験合格、最高裁判所司法研修所 入所
  5. 2015年
    東京山王法律事務所 入所。シップファイナンスを中心とした海事分野、一般企業法務を中心に一般民事、刑事事件も含め様々な法務サービスを提供
  6. 2022年
    ユニヴィス法律事務所 参画

メッセージ

多様化、複雑化した現代社会において、日常生活や経済活動など、あらゆる場面で様々な法律と無縁でいることはできず、また、法律問題も多岐にわたって多様化、複雑化しています。

法律問題をより広い社会的背景から捉え、特定の観点に縛られない多角的な検討と、これを踏まえた総合的な解決策を提示できるよう務めて参ります。

弁護士 山下 大樹

弁護士岡本 征也Masaya Okamoto

(第二東京弁護士会)

経歴

  1. 神奈川県立湘南高校 卒業
  2. 中央大学法学部国際企業関係法学科 卒業
  3. 早稲田大学大学院法務研究科 修了
  4. 2017年
    大手ガス元売企業へ入社。以後2021年まで法務部門に所属。契約書レビューをはじめとする法務相談対応業務、コンプライアンス対応業務等に従事。
  5. 2019年
    司法試験合格
  6. 2021年
    最高裁判所司法研修所 入所
  7. 2022年
    ユニヴィス法律事務所 参画

メッセージ

私は、前職で、どうすれば会社にとってプラスとなる法的アドバイスができるかを日々考えてまいりました。私が出した答えは、事業部門との密なやり取りがビジネスを理解することにつながり、ひいては当該ビジネスの法的リスク発見につながるというものでした。

今後は弁護士として、お客様に寄り添い様々なビジネスについてお力添えできるよう、日々精進して参ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

弁護士 岡本征也